なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C9

チャプター9。ここからは美しき策謀と内容がかぶっておらず、読みがいがある。
このチャプタでは、シェルコードの概要について記述されていた。
かんたんなシェルを起動するシェルコードや、ネットワークを意識したポートバインドシェルコードやそれを応用しファイアウォールを意識したリバースシェルコード(おそらくポートシェルコードでは攻撃対象がサーバとなることに対して、リバースでは対象をクライアントにさせることでファイアウォールを回避しようとしているのだと思われる)やカーネルスペースに対するシェルコードの概要について説明されている。ただし概要なので具体的なコードは示されていない。その他にも、シェルコードの暗号化について(侵入検知システムIDSを回避したり、null文字などのシェルコードとしては使用できないBadCharacterを回避するため)の概要も説明されている。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/93-a9e4ad58

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。