なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pythonの辞書型をつかってみた

Pythonには辞書型なるデータ型がある


>>> d = {1:2,2:4,3:6}
>>> for x in range(1,4):
... d.get(x)
...
2
4
6


>>> d.update({4:8})
>>> d
{1: 2, 2: 4, 3: 6, 4: 8}
>>> d.get(4)
8

辞書には関数もつっこむことができる。
>>> def test():
... print "hello"
...
>>> d.update({5:test})
>>> d
{1: 2, 2: 4, 3: 6, 4: 8, 5: }
>>> d.get(5)

>>> d.get(5)()
hello

これを利用すればpythonにないswitch文のようなことができる

>>> def one():
... print "one"
...
>>> def two():
... print "two"
...
>>> def three():
... print "three"
...

>>> d = {1:one,2:two,3:three}
>>> d.get(1)()
one
>>> d.get(2)()
two
>>> d.get(3)()
three
>>> x = 2
>>> d.get(x)()
two
>>>

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/68-2f840f1e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。