なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxの.pyファイルを実行形式にする

WindowsだとPythonをインストールすると.pyファイルをダブルクリックするだけでPythonスクリプトを実行できるんだけれど、Linuxの場合は、
まず、スクリプトの冒頭に
#!usr/bin/python
と書いて、なおかつ、chmodで実行可能ファイルに権限を変更しなければならない。
これを毎回スクリプト書くたびにやすのか!?と思い、PythonすくるぷとをLinuxで実行形式に変更するためのPythonスクリプトを書いてみた


#! /usr/bin/python
#coding:utf-8
from Tkinter import *
from tkFileDialog import *
import os

root = Tk()
root.withdraw()

type = [("Pythonスクリプト","*.py")]
dir = "/home/yp"
filename = askopenfilename(title="実行可能にしたい.pyファイルを選んで下さい",filetypes=type,initialdir=dir)
os.chmod(filename,0713)
f = open(filename,"r+")
lines = f.readlines()
f.seek(0)
f.write("#!/usr/bin/python\n")
for x in range(len(lines)):
f.write(lines[x])


f.close()

exit()

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/65-af10fa24

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。