なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにC言語いじった2

 小数点の丸めが大変だった。てっきりround()関数が標準で容易されているのだと思っていたがC言語はそんなに甘くは無かった。

 でググッてみると


double round(double val,int precision)
{
double ret;
char buf[256] = {'\0'};
char *p;

//文字列に変更
sprintf(buf,"%.*f",precision,val);


//文字列から数値に再変換
ret = strtod(buf,&p);

return ret;
}



というふうにして自分で作ってしまうのがいいようだ。

もうひとつ詰まったのが、これは本当に大したことないことだが、fopenとかするときに指定するパスの区切りに'\'を使うのだが、このパスを文字列として渡すときは"C:\\foo\\bar.txt"とかいう風に\を2回連続で使わないと\はエスケープシーケンスなので、うまくいかない。当たり前といえば当たり前だが、あせってると気づかない。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/54-899ae620

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。