なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかつまらんvimスクリプトを書いてしまった、savevers編

 savevers.vimは複数のバックアップをとってくれて大変便利なんだが、いかんせんたくさんバックアップをとるのですぐにバックアップ先のディレクトリが.cleanファイルでいっぱいになってしまう。
 :Paurgeコマンドで消してしまえばよいのだが、バックアップを消すってのはどうなのよ?って思ったんで、
 実行した日時をファイル名にもつtarファイルをバックアップ先のディレクトリから作成し、それをカレントディレクトリに圧縮して保存して、圧縮の対象となったファイルを/tmp(ここに入っているファイルは一定期間使わないと自動的に削除されるらしい)に移動させるvimスクリプト(シェルスクリプトはあえて使わない、特に理由はないが・・・)を作ってみた。

:let date = strftime("%Y%m%d%H%M%S")
:call system("tar zcfv " . date . ".savever.tar ~/tmp/vim")
:call system("mv ~/tmp/vim/* /tmp")
:echo "tar was maked"

↑がそのスクリプト。~/tmp/vimとは私がsaveversのバックアップ先に指定しているディレクトリ、つまり人によってそれぞれ違う。

rmで圧縮して保存し終えたcleanファイルを消さないのは、まあ一応フェイルセーフというか、やっぱりいきなり消してしまうのは怖いんで…

あと、話は変わるが、supertab.vimというvimスクリプトも便利だった。簡単に言うとtabキー1つで単語補完ができてしまう。saveversと同じでなぜ使わなかったのか。
プログラミング目的でvimを使っていて、この二つをスクリプトを試してみたことがない人はぜひお試しあれ。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/21-49c4b068

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。