なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

python twitter モジュールを使ってハッシュタグ検索したい2

昨日の続き。
やっぱりtwitter.pyだとハッシュタグ検索が難しいみたいなので、とりあえずこのモジュールは使わない方針に
切り替える。

それでもtwitter APIは使いやすいので簡単にコードが書けた。苦労したのはjsonフォーマットの文字列の処理。
そもそもjsonなんか扱ったことなかったが、ただの文字情報フォーマットでしかなく、jsonモジュールを使って
変換するとpythonのデータ型に変換できる。まあ、その変換したデータからツイートの文字列だけをとりだすのに苦労したが…

以下、指定したハッシュタグを含むつぶやきを最大100件表示するコード。
ただし、あまり古いつぶやきが検索にかからなくなっているので全てのつぶやきを
取得できるわけではないことに注意。

import urllib,json

d = urllib.urlopen("http://search.twitter.com/search.json?q=%23☆ここにタグ名を入れる☆&since=2011-01-20&rpp=100")
r = d.read().decode("utf-8")
l = json.loads(r)
for s in l["results"]:
print s["text"]


urlでの引数の指定によって結果を変えられる。

sinceは指定した日付以降のつぶやきのみを表示
rppは取得するつぶやきの件数(最大100件らしいが未確認)
他にもuntilとかいう引数もある。詳しくはtwitter APIを参照されたし。

あと、同じくURLの %23 は # を表しているものだと思われる。

以上。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/153-8de6b822

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。