なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidでBluetooth

AndroidのBluetoothプログラミングをしようと思ったら、参考文献が少なすぎて大変だった。

とりあえずできたとこまでのサンプルをあげておく

このサンプルではまずBluetoothを実行しているデバイスで使えるかまずチェックし、
Bluetoothが使えるようなら次は、Bluetoothの電源が入っているか確認し、ONだった
場合はペアリングリストを取得してトーストで表示してみる
OFFだった場合はONにするようにたずねる。
もしそこでキャンセルされたらプログラム終了する
OKだったらBluetoothがONになる。

REQEST_ENABLE_BT = 2; はなぜ「2」なのか
よく分からんがサンプルは2にしてたから一応それに習った。
多分意味はない。
参考ソースはサンプルでついてくるアプリのBluetoothChat
を参考にした。誰か日本語で分かりやすい説明を書いてくれると助かるなあ


package com.BluetothPairList;

import java.util.Set;

import android.app.Activity;
import android.bluetooth.BluetoothAdapter;
import android.bluetooth.BluetoothDevice;
import android.content.Context;
import android.content.Intent;
import android.os.Bundle;
import android.widget.Toast;

public class BluetoothPairList extends Activity {
/** Called when the activity is first created. */
private static final int REQEST_ENABLE_BT = 2;
public static Context context;
public static Activity activity;

@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.main);
BluetoothAdapter myBluetoothAdapter = BluetoothAdapter
.getDefaultAdapter();
if (myBluetoothAdapter == null) {
// もしデバイスがBluetoothをサポートしていなかった場合
Toast.makeText(this, "このデバイスはBluetoothをサポートしていません",
Toast.LENGTH_LONG).show();
return;
}
if (!myBluetoothAdapter.isEnabled()) {
// もしBluetoothの設定がオフになっていたらONにする
Intent set_enable = new Intent(
BluetoothAdapter.ACTION_REQUEST_ENABLE);
startActivityForResult(set_enable, REQEST_ENABLE_BT);
} else {
// 既にペアリングしているデバイスの名前とアドレスを取得する
Set<BluetoothDevice> paired_devices = myBluetoothAdapter
.getBondedDevices();
if (paired_devices.size() > 0) {
for (BluetoothDevice device : paired_devices) {
Toast.makeText(this,
device.getName() + device.getAddress(),
Toast.LENGTH_LONG).show();
}

} else
Toast.makeText(this, "ペアリングされているデバイスがみつかりませんでした",
Toast.LENGTH_LONG).show();
}
}

@Override
protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
// TODO Auto-generated method stub
switch (requestCode) {
case REQEST_ENABLE_BT:
if (resultCode == Activity.RESULT_OK) {
// キャンセルされた場合
Toast.makeText(this, "BluetoothをONにしようとしましたが、失敗しました",
Toast.LENGTH_LONG).show();
finish();
} else {
// ONにすることに成功した場合
Toast.makeText(this, "BluetoothがONになりました", Toast.LENGTH_LONG)
.show();
}

}
}
}



スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ilovevim.blog42.fc2.com/tb.php/136-a05003de

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。