なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidアプリをAdmobに登録してみた

自分のAndroidアプリをAdmobに登録してみた.

基本的なやり方はhttp://typea.info/tips/wiki.cgi?page=Android+AdMob#p13とかを参考にして行なったが,いくつかはまった点があるのでそのメモを書いておく

AdMobSDKの古い仕様のようなものでAndroidのマニフェストファイルに

app:test="true"みたいな

書き方をすることにより確認のためのテスト広告を表示させるものがあるが,現在(2010/7/29)は仕様が変わったみたいで別の書き方をするようなので上記のような記述は不要.新しい仕様でのテストモードの記述方法について調べれば見つけることができるが別にそんなことをしなくてもAdMobに自社広告に何でもいいので広告を登録しておけばAdMob側が広告がないときに自社広告が表示されるのでテストモードにしなくても確認可能だった.



PublisherIDをマニフェストファイルに記述するときに記述する場所によってはアプリ実行時にIDが特定できない場合があった.

</application>

の直前に
<meta-data android:value="あなたのID" android:name="ADMOB_PUBLISHER_ID"/>

記述するのが良いっぽい



そして今回AdMobを導入するにあたり大変だったのが自前で用意したオリジナルのViewインスタンスとAdMobの広告表示用のViewを共存させることだった.

今回はこの問題をLinearLayoutを用いることで解決した.
以下onCreate関数内

//オリジナルなViewと広告を共存させるために使う
LinearLayout layout = new LinearLayout(this);
layout.setOrientation(LinearLayout.VERTICAL);
//layout を 登録する
setContentView(layout);

/*
レイアウトxmlからViewインスタンスを次の方法で取得する

(注)View v = findViewById(R.layout.main);
でViewインスタンスは取得できず,このようにすると実行時にエラーが起こる
「inflate」する必要があるらしい,まあよく分からなければとりあえずこの例の
ようにすればうまくいくと思われる.
*/
View v = this.getLayoutInflater().inflate(R.layout.main, null);
layout.addView(v);
layout.addView(new MyOriginalView(this));




感想:
AdMobは単価が広告に対するクリック数で決まるのでなかなか難しく,現在広告もあまり多くなく自社広告が表示されることもよくあるので,AdMobの広告で一儲けするにはかなり努力する必要があるようだ.
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。