なんかいろいろこんぴゅーたかんけいのなぐりがき

なんか勉強しているこんぴゅーた関係のことのメモやそれ以外のことを書こうかなあ...

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティバンクのオンライン口座作成手続きのメモ

前回のドルを受け取るはなしで小額,800ドル程度までならシティバンクを利用すると
あまり手数料がかからずに円として手元に持てることをかいた.

今回はシティバンク口座開設時のメモを残しておく

シティバンクの口座開設手続きはインターネットでほとんどできてしまう.
本人確認も保険証等の書類をスキャナやデジカメで撮って送信するので銀行にいく必要が無い.

インターネットによって登録手続きが完了すると,バンキングカードとサインカードと
呼ばれるものが銀行から送られてくるのでそれに自筆でサインして送り返しそれが受理されれば
手続き完了.というふうに簡単に口座の開設ができる.(口座開設の仕方が変わる可能性があるので詳しくはシティバンクのホームページで調べてください)

送られてくるバンキングカードはATMで円の引き出し,預金はできるようだがドルに関しては残高参照もできない.
 ドルの残高はシティバンクのホームページからログインして調べることができる.


そういえば,手続きの手順のところには記述しなかったけど,手続き期間中に銀行から何か不明な点がないかという電話があった.多分電話番号の確認も兼ねているんだと思う.
スポンサーサイト

海外からのドル送金を受け取るには

 開発したアンドロイドアプリを海外の会社に買っていただいたことが一度だけあった.
 確か300ドルくらいだったんだけど,ドルの送金なんてうけたことがないのでどうすれば良いか分からず調べまわったときの話.

 海外からの送金を受け取るときに被仕向送金手数料(数千円程度)というのがいる.
 そして更に受け取った先でドルを円に変えるときに手数料が発生する場合もある.

 
 以上のことと送金額を考えるとシティバンクが良さげという結論に至った.

 ちなみにシティバンクは 

被仕向送金手数料:無料
ドルから円に換える手数料:が1ドルあたり3円


 ゆうちょうの場合は

被仕向送金手数料:2500円
ドルから円に換える手数料:無料(海外から送金されたときに自動的に円に変換される)


となる.つまり送られてくる300ドルを円として手に入れる場合(1ドル=83円とする)

シティバンクだと 24000円
ゆうちょだと  22400円 となりシティバンクの方がお得であることが分かる.

ただし,送金される額が大きくなっていくと,ゆうちょの方がお得になる.
実際にどのくらいの額が入金されると特になるのか実際に計算してみる.

d:入金額(ドル)例:300とか
k:為替(円)例:83とか
とした場合,シティバンクを利用したときに得られる円は

d*k - d*3 (円)

一方ゆうちょは

d*k - 2500 (円)

この二つの銀行から得られるお金が等しいとき,上の式はイコールで計算できるので

d*k - d*3 = d*k - 2500
-d*3 = -2500
d = 2500 / 3
d = 833.33...

となり833ドルが送金されるとどちらの銀行を利用しても受け取れる円はほぼ同じになる
さらに送金額が834ドル以上になるとゆうちょを利用した方がお得となるようだ.

次回はシティバンクの講座解説したときのメモとか書いてみようと思う.

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。